【簡単メイキング!】キラキラした缶バッジ風背景の描き方

イラストメイキング

こんばんは。落武者です。

 

先日お仕事でキラキラ背景缶バッチ風イラストをお描きしました。

それがこちらです。

 

ビックリマン世代の僕としてはキラキラというとやはりスーパーゼウスを意識してしまいます。

結果としてスーパーゼウス感があるのかは微妙ですが、作品は良い感じに仕上げられました。

 

という訳で今日はこのキラキラ背景と缶バッジ風の作り方について書いていこうと思います!

制作ソフトはCLIPSTUDIOとPhotoshopになります。CLIPSTUDIOは他のお絵描きソフトで代用可能です。

缶バッジ風に仕上げる際にPhotoshopを使用しますが、ない場合でも簡単に作れます!

Photoshopありなし両方のメイキング載せていますので是非ご覧ください。

 

 

キラキラ背景の作り方

まずはキラキラ背景の作り方から解説していきます。

素材の準備

まずは素材の準備です。すべて自作!がもちろん理想ですが、今回キラキラ素材はフリー素材を利用させていただきました。

PHOTOACというサイトで、下記から僕が使ったものと同じ素材がダウンロードできます。

PHOTOACはクレジット表記不要で商用利用可能な素材が沢山あります。
こういった便利なサイトを知っておくことで自作する以上にクオリティもあげられるし、時間短縮にもなるので有効に活用しましょう。
ちなみに一応どんな時でも商用利用可の表記があるかはチェックしておきましょう。
素材によってNGだったり、素材をアップした人の確認が取れてない場合があります。

四角い素材を円形にする

今回は缶バッジ風なので、四角い素材を円状にする必要があります。

という訳で、イラストソフトを開き円を作ります。(以下CLIPSTUDIOでの作業です)

この上に先ほどダウンロードした画像を置いて、クリッピングします。

※わかりづらいので背景をピンクにしました。

 

これで簡単なキラキラ背景の出来上がりです。

 

が、これだけでは全然物足りないので手間を加えていきます。

素材に色を付ける

まずはグレーから色を変えます。

やり方はいろいろありますが、素材のレイヤーモードをオーバーレイにすれば、下の円の色が透過されます。

今回は下の円がオレンジなのでオレンジ色になりました。

もしちょっと薄いなぁと思ったら、二つのレイヤーを結合し、コピーします。

そしてコピーしたレイヤーを乗算にすれば自然に濃くなります。

乗算やオーバーレイ等のレイヤモードについては下記の記事で簡単に説明しております。

もっとキラキラさせる

続いてこの素材をもっときらびやかにします。

まず光があたる方向を決めます。今回は右から光が当たってると仮定します。

 

方向を決めたら、レイヤーを作りモードを加算(発光)にします。

※加算がない場合は、光らせる系のレイヤーモードにしてください。恐らく何かしらそういったモードがあると思います。

レイヤーをクリッピングして、右からの光源を意識しながらエアブラシなどでふわっと塗っていきます。

ざっくりですが、こんな感じです。大分きらびやかになりました。

 

色は白より、素材の色で塗った方が自然に発光します。(今回ならオレンジ)
という感じでキラキラ背景が出来上がったら、今度はこれをPhotoshopでバッジ風にしていきます。
Photoshopがない場合の方法も下部に書いておりますので、そちらを参照ください。

バッジ風に加工する(Photoshopバージョン)

先ほどの画像をバッジ風にするわけですが、Photoshopがあれば本当に簡単です。

レイヤースタイルを開き、ベベルとエンボスにチェックを入れます。

これでもう立体感がでます。項目がずらっとありますが、説明するより自分でいじって違いを見てみると良いです。

ちなみに上記の設定も、画像の大きさなどによって変化の見え方が変わりますので、結局自分でいじらなければなりません。

最後にドロップシャドウの項目にもチェックを入れれば完成です。

缶バッジ風デザインの出来上がりです。

バッジ風に加工する(Photoshopがない場合)

続いてPhotoshopがない場合の加工の仕方です。

まずは影を落とします。

 

バッジの素材をコピーし、下のレイヤーの明度を下げて真っ黒にします。

続いてそのレイヤーをすこし左下に移動し、不透明度を30~50ぐらいに落とします。

※右からの光源を意識しているため影は左側に落としています。

 

続いて一番上にレイヤーを作り、キラキラ素材にクリッピングします。そのレイヤーを乗算モードにして、影の当たっている部分を暗くします。

これで簡単に立体感を出すことができます。

ものたんねぇなぁと思ったら、更に加算(発光)レイヤーで反射光を入れるとそれっぽくなります。

 

また、縁色をつけたりするとバッジぽくもなりますね。

キラキラ缶バッジ風イラスト制作のまとめ

というわけでキラキラ缶バッジ風背景のメイキングでした!

ご覧の通り作業工程的にはそんなに難しいことはありません。

 

ほんの少しの手間を加える事でどんどん見栄えがよくなります(^^

やってみるとどんどんキラキラしていくし、立体感もでてくるのでとても楽しいです。

 

もしご興味ありましたら是非チャレンジしてみてください!

 

お仕事依頼もお待ちしております~。

それじゃ!

 

お仕事依頼はこちら

ご相談などもお気軽にどうぞ

 

 

コメント

トップへ戻る